聞いたことない!腰の肉離れ?

私は10代の頃激しい腰痛を経験しました。
高校生の頃、部活動でバスケットをしていたのですがある時から腰に痛みを感じるようになりました。
あまりけがをするタイプではなかったのですぐ治るだろうと軽く考えていましたが痛みは日ごとに増していき、練習がとても苦痛になっていきました。

 

普段の生活にも支障が出始め、靴下も自分で履けなくなり、段差などの軽い衝撃にもいちいち痛みを感じるようになりました。
そしてとうとう練習中に痛みを我慢できなくなり練習を切り上げ、その日に病院にかかることになりました。

診察では腰を圧迫されたりレントゲンを撮ったりハンマーで膝を叩いたり(脚気の検査)といろいろしましたが診断はなんと“腰の肉離れのようなもの”というなんともはっきりしない診断でした。

 

腰って肉離れになるの!?しかも「のようなもの」ということは結局肉離れでもないの?と当時はとても混乱しました。
基本湿布で治療をし、しばらく練習も休んで安静にしていたところだんだんとよくなりました。
のちのち聞いたところ、腰も肉離れを起こすようでしかも痛みも強いとのことでした。

 

確かに尋常ではない痛みだった上に、その後も腰痛が癖になってしまいのちにぎっくり腰も起こすようになりました。私の場合は腰の肉離れが腰痛が慢性化するきっかけになったようです。