「運転中のベストな姿勢をクッションで確保」

長距離運転などで感じる腰痛は、運転中のベストな姿勢で解消されます。
運転中のハンドルを握る姿勢を思い出してみて下さい。
自分の楽な姿勢でハンドルを握っていませんか。
腕を伸ばした状態だったり、逆にハンドルと胸の隙間が近づいていたりしていませんか。
運転中に腰に掛かる負担は、体重の数倍の力が掛かっているのです。
自分に合ったベストポジションを見つける事で、腰痛が軽減できます。
ベストな位置の確保の方法です。
運転席シートに座った時、深く座ります。
この時、背もたれに背中が良く付く様に座る事が大切です。
そもそも、人間の背骨は反っていますから、腰に手を当てて隙間があるようであれば、クッションを間に入れます。
次に、背もたれの角度です。
深く座り、ヘッドレストに頭を付け、車の前方を楽に見える位置を確定します。
そして、首の後部にも、同様にクッションを入れると効果が上がります。
最後に、ペダルのポジションですが、膝が伸びすぎや曲がりすぎは厳禁です。
伸びすぎや、曲がりすぎは、腰への負担が大きくなってしまいます。
ペダルまでの位置は、膝が軽く曲がった状態がベストです。
この位置を確認した後で、ハンドルを握ってみると不思議な事に軽く肘が曲がった状態が確保出来るのです。
座面に敷くお尻を型取ったシートクッションも市販されています。
小柄な人は座面が低く感じる方の場合は、座面が上下に調整できれば良いのですが、出来ない場合は、タオルやクッションで補うと良いです。
実は、座ったときに膝が股関節より高い位置取りを行うと、腰への負担が増えてくるのです。
これらクッションは、3点セットでも、数千円で購入可能な商品も見つかります。
これらを使用すると、体のベストな位置が見つけられます。
こういった箇所にクッションを使用する事で運転は楽になって行きます。
これらのポジションを確保すると、運転操作機能のレベルが上がり安全運転に繋がります。
レーシングドライバーもこれに近い状態でポジションを決めているのです。

PR|ショッピングカート|住宅リフォーム総合情報|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|クレジットカードの即日発行じゃけん|GetMoney|アフィリエイト相互リンク|童話|貯蓄|英語上達の秘訣|JALカード|心の童話|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|女性の人生|